こおひい工房 まめの木
堺市堺区新在家町東3-1-28
T E L:072-275-8242
営業時間:10:00〜18:00
定 休 日:日曜祝日・隔週月曜
5月の営業カレンダー
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
                     
MOBILE
qrcode
<< 『今月のお買い得』 ブラジル ブルボン ピーベリー | main |
御陵さん 世界遺産に 〜まめの木・堺便り〜

 

このたび「百舌鳥古市古墳群」が世界文化遺産に登録される見通しになりましたね。

地元の人達が「♪古墳deコーフン!古墳deコーフン!♪」と歌い踊る様子や、

堺市のマスコット「ハニワ課長」が「土器だけにドキドキして勧告を待っていました」と話す姿などがTVで大々的に流されました。

(いかにも関西人な映像ばっかり…(^^;)

 

昨日は朝からやたらとヘリコプターが飛んでいて、何かあったん?と思いTVをつけると、ちょうど堺上空からの生中継。まさにあのヘリからやーん!

個人的には登録は厳しそうな気がしていたので驚きました。

 

近郊以外の方々や古墳に興味のない方にはあまり縁がないかと思いますが、大阪南部には4世紀から5世紀ごろの古墳がたくさん現存しています。

ここの古墳については「百舌鳥古市古墳群」のHPに詳しく掲載されているので、ぜひ一度ご覧になってください。

http://www.mozu-furuichi.jp/

わかりやすい解説と、埋蔵品の映像もあるPRムービーはオススメ♪

http://www.mozu-furuichi.jp/jp/promotion/allure/movie.html

 

ここは人口の多いエリアなので、人家との距離が非常に近く、地元の人達にとって古墳はとても身近な存在。

親しみをこめて「御陵さん」や「仁徳さん」「履中さん」などと呼ぶことが多いです。

私達も子供の頃からよく訪ねていました。

母が子供の頃(戦前)には石室に入らせてくれた所もあったと聞いています。宮内庁の人?が白装束で船に乗り、お堀を渡る姿も見たとか。

 

日本最大(以前は世界最大と言っていた気がする…)の前方後円墳「仁徳さん」は大きすぎて、ただの森にしか見えないのが難点。

全体を見渡せるタワーを建てるとしたら、高さ300m位にしないといけないそうです。スカイツリーの半分…ムリやな(^^;

 

ともあれ、7月の正式登録が待ち遠しいです☆

 

 

 

10年以上前に撮った仁徳天皇陵 古い写真でゴメンナサイ!

(クリックで拡大できます)

仁徳さんを囲むお堀は3重になっています。

1つめは渡れるようになっていて・・・

 

2つめのお堀手前で門が現れます。入れるのはここまで。

右手には宮内庁の看板が。

 

当店からここまで徒歩30分。

そばに図書館があるので、ウォーキングを兼ねて2週に一度は訪ねています。

一度上空から全景を見てみたいなぁ。

 

 

| つれづれ | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.coffee-mamenoki.com/trackback/1171746
トラックバック